【三勝】注染 浴衣 反物 優華壇 no.2 新品 itomi 綿麻 しじら織

庭木でも人気なボウガシ。いざ、植え込みをした後に「剪定方法はどうするの?」「育て方は?」このように悩んでいる方は多くいると思います。 庭革命では、剪定などのお庭のお手入れのご依頼を、【自信作!】麻雀卓>ことができます。見た目の形に沿わない伸びた枝や葉を刈り込んで、整えていきます。

剪定

風通しを良くする場合は「間引き・透かし剪定」がおすすめです。こちらは樹木の内部の枝や葉を減らしてスッキリさせるものです。風通しが悪くなってしまうと成長スピードが落ちるどころか、最悪の場合は病気になって枯れてしまう可能性があります。

樹木を育てる上で風通しの良さは大切なポイント。内側を確認してみて枝や葉が密集しているのであれば、透かして風通しを良くしてあげましょう

次に剪定する時期を説明していきます。手入れの基本も一緒に紹介していくので、参考にしてください。

ボウガシを強剪定や伐採するのであれば5月〜8月が適しています。夏場の季節は成長が続く時期なので、手入れするのには最適です。樹木の骨組みを整えて、ざっくりと剪定してあげましょう。

強剪定をすることで樹勢がよくなり、翌年も綺麗な樹形で育ってくれるので忘れないようにしましょう。

9月〜11月にかけては枯れた枝や葉を取り除いていく弱剪定がおすすめです。冬場は特に樹木の成長が弱まるので、スムーズに剪定しやすいですよ。

弱剪定はしなくもいい場合があります。それは樹木が弱っている時です。剪定をしてしまうと最悪の場合枯れてしまうので、害虫被害や病気になっているときは剪定よりも対策を優先してくださいね。

【State of Escape】チャコールトートバッグ>

次にボウガシの育て方を説明していきます。育て方にもポイントがあるので、しっかりと覚えておいてください。

新芽とスコップ

植え付ける時期や場所をしっかりと確認しておきましょう。植え付けの目安の時期としては4月下旬以降か9月ごろがおすすめです。この時期は霜の心配がなくなるので、育てやすいです。
ボウガシは乾燥にも強いので、ある程度耐えてくれます。庭木や生垣として育てる場合は、強い日差しが当たらない限りは水をやらなくても大丈夫です。 庭革命では、剪定などのお庭のお手入れのご依頼を、ウィッグオーダー>ことができます。
その他、お庭・植物に関する悩みがあるお客様も、気軽に利用されているので、この機会に是非一度相談してみてください。

dasu様専用>


目次
閉じる